星とシンクロニシティの旅☆

スピリチァルの体験や旅のこと双子の魂と言われるものについてのエッセイ

正負の法則

最近、知人がマッサージに行ったらそのマッサージの人は霊感があり占いもやり始めたのだと言う。


そしてマッサージの間ずっとそういう話を聞きもしないのに話しているのだと。

そしてしまいには聞いてもいないのに、知人の守護霊はこう言っていると言い出し、人に親切にしないと病気になるなどと、ちょっと友人を怖がらせるような事を言ったらしい。

はっきり言って聞いてもいないのに、そんなこと言う事が怪しすぎる。
今話題の守護霊インタビューを思い出してしまう😱

それにどんな親切な人でも病気になる人はなるだろうし、明らかに悪い事をしているのに健康体な人もいるものだから、マッサージの人が言う事は一概に言えないだろう。

もしかしたらこの人は霊感があるのかもしれない。
しかしどんな霊とコンタクトを取っているのかわからない。

霊能力があるとか、高いからと言っても、
その人に人徳が備わっているとは限らないと思う。

特に霊能力があると思ってない人でも、
人徳がある人の方が明らかに徳が高いと思う。

☝︎過去記事より

この記事にはちょっと続きがある。
その後しばらくして、知人にあいかわらずそのマッサージの所に通っているの?と聞いたら
今はもう行っていない、と言うかそのマッサージの人が大病になってしまってもうマッサージの仕事をしていないのだと言う。

この話しを聞いた時、
じゃあこのマッサージの人は悪い事でもしたのかしら?この人自身の言った言葉によれば…
だとしたら友人を怖がらせるような事を言ったから?と思った。

私はこの人が言ったように良い事をしないと病気になる、と直結には考えられないけど。
前にも書いたように、良い人でもなる時はなるものだから。

ただ正負の法則と言うものはなんとなく信じている。
美輪明宏さんがよく言っている、ものにはちゃんと道理があって、例えば運良く?ずっと悪い事をしていられても、いつかそのしっぺ返しのようなものが返ってくる時があるのではないだろうかと。
そこ反対もしかり。

火の鳥

コンビニに手塚治虫火の鳥、太陽編というのがあったので読んでみた。


手塚治虫の作品はブラックジャックとかブッダとかまあまあ読んでいたが、なぜかこの火の鳥にはずっと興味がなく手をつけないでいたが、今年が酉年という事もありやっと読んでみたいと思った。
ちなみに手塚治虫作品でなぜか1番好きなのはドンドラキュラです🤗

読み終わって感じたのは、これはアセンションとかツインソウルのような概念だなと思った。
読み終わって表紙を改めて見たら、

永遠に生き続けるもの、それは愛!
愛を誓い合った2人はたとえ敵同士に生まれ変わっても巡り会い、そして愛を確かめあう!

と書いてあった。
アトラスクラウドという映画にも似てるものを感じた。


太陽編以外にどんなものがあるのかな?と思って調べたら、このような解説しているものを見つけた。
この解説を読んで真っ先に思ったのは、これってよくスピリチァルなどで言われるアセンションの段階にてない⁈と。
(しかし自分で全部読んだ訳ではないので本当に上の解説のような内容なのかは定かではありませんが…)

やはり手塚治虫て凄いな〜〜

この太陽編は飛鳥時代の頃の話らしいが、主人公の男ははじめ戦いで負けて顔の皮をはがされ(-。-; 狼の皮をかぶせられて、それからその姿のまま生きるのだが、そのおかげ?なのか霊界のものが見えるようになる。

この時代ではもう人間には霊界を見る事が出来なくなっているようだ。

それでもまだ、見えないけど霊界とは隣接した生活をしている。
その世界観と主人公の半身狼というので、もののけ姫の世界観を思い出した。
こちらのシーンも私的には興味深かった。

☝︎過去記事より

気になる映画


この間たまたま夜中に「クラウド アトラス」と言う映画がやっていて、なんとなく観ていた。(以下、多少のネタバレあり)

過去から近年、未来へとさまざまな時代の物語が複雑に絡み合っていて、その登場人物たちはみんなどこかで繋がっているようです。

そして中でもトムハンクスとハルベリーは、はじめの方は同じ時代にいても、近くにはいなくて互いを知りません。

そして近年の物語の時に、はじめて互いの存在を認識します。
しかしすぐにハルベリーは事故にあって亡くなります。

そして未来で2人は協力関係になります。
ハルはトムの事をはじめから信頼しているようでしたが、トムはハルの事をはじめは疑っているようでした。
そして困難を乗り越えて2人はとうとう結ばれるのです。

ちゃんと観ていなかったので、今度あらためて観てみようと思います。
輪廻転生とか因縁とかを表現している映画のようでした。

時空を越えると言ってもう一つ気になる映画は「きみがぼくを見つけた日」です。
この映画を見たときちょっと「ハウルの動く城」を思い出しました。
☝︎過去記事より

今月を振り返る

今月を振り返ると色々な事があったし、色々したな〜と思うけど、不思議と長く感じた。


よく忙しいとあっと言う間に日が経つのが早いと言うけれど、
私にはどうもそう言う感覚がない。
色々あって、なんか長い月だったなあ〜〜と感じる。

今月はとにかく浄化力がすごかった。
1度色々なものを一旦手放したくなって、アメブロアプリも1度消したのだけど、
そのおかげで今迄書き留めてあったいくつかの記事も全部消えてしまった。
そうなるとは考えなかったのでちょっとびっくり。
しかしなんかすっきりした。

今月手放してまた戻ってきたものもあるし、そのままのものもある。
しかしそのおかげで空き容量ができたようだ。
数年前まで好きだったものがここ数年ずっとやる気にならないという事があったのだが、それが突然 今月になってまたやる気が出てきて、またそれを楽しんでいる。

インサイドヘッド

子供がいる友人がインサイドヘッド凄くいいよ〜と言っていたので観てみたら、本当に良かった!


本当よく考えついたなあと感心しました。

主人公の少女の中に、喜び、悲しみ、怒り、イライラ、恐れの感情が居て少女を守るためにその場の状況に合わせて感情の指令を出している。

私達の周りには私達を守るために守護霊などが何人もいるといわれているが、なんかこんな感じなんじゃないかなぁと感じた。
守護霊さん達は常に私達の周りで、いかに私達を守り喜ばせようかと考えてくれているのではないかと。

少女が産まれてすぐに居るのは喜びというのも感動した。
産まれてきた時の自分を体験したと言う何人かのスピリチァルの人の話で、産まれて来れた時は喜びでいっぱいだったと書いてあったのを見た事がある。

そして喜びの後すぐに悲しみが現れる。

喜びは悲しみの事をちょっと疎ましく思っているようだったが、最後には悲しみという存在もいかに大切なのかを理解する。

それぞれの感情には大切な役割があるのだと実感する。
この映画を観ていたら、感情だけでなく自分の体全細胞にもいつも自分のために動いてくれてありがとう!と感謝をしたくなる。

それと少女の感情の司令塔は喜びなのだが、お母さんの司令塔は悲しみで、お父さんの司令塔は怒りのようだった。

人それぞれ、その時の環境などによって司令塔が違うというのも、なるほどな〜と思った。

思い出の保管場所に沢山の思い出の玉があるのだが、もう要らないだろうと判断された思い出玉はどんどんとゴミ捨て場みたいな所に捨てらる。
なんかこれって浄化を表してるみたいだ。
☝︎過去記事より

風が吹く時

神社などでお参りをしている最中に風が吹くと、それは神様(宇宙)からの返事だと言われているけど、それは本当です。


とくに神社とかではなくても、例えば空に向かってお願いをしたり話しかけたりした時に風がふう〜と吹いてきた時もそうなんです。


他にも、ふと夜空を見上げた時に星がいつもより瞬いて見える時は、星が私たちに語りかけているんです。

そういう時は宇宙に向かって話しかけてみるといいですよ〜

講演会

いつも、見えない世界と繋がる本、を読んでいて、作者Kさんの新しい本が出ないかな〜と思っていた。

本は読んでたけどブログは見ていなくて、この間ふとブログを見てみよう!と思って見たら、なんと新刊が出ると書いてあった。


しかも出版に先駆けて講演会プラスひと足先に本も貰えると言うので行ってきた。


Kさんの話を聴いていて本の内容以外にもなぜひかれるのかがわかった。

まずロックが好きと言うこと。

Kさんはヘビメタ好きらしいが、私はヘビメタまでは聴かない。

ちなみに私の妹はヘビメタが好きでそういうTシャツもよく着ている(^^;


そしてKさんは剣道をやっていた?る?と言うのも、私は中学の部活が剣道部だったと言うところがなんか共通するものがあるな〜と思った。

それがこの本を好きだと思う理由なのかな?と。


セミナーの中でKさんとジャンケン大会をして1人にお土産をプレゼントという企画があった。

私は最後の2人にまで残ったが残念ながら最後にあいこで負けてしまった。

しかし私はこういう時に最後まで残った事なかったから、最後の2人まで残れただけ嬉しかった☺️


そう言えばジャンケン大会が始まる直前に私はグー✊️の印象が脳裏に浮かんだので、はじめは✊を出そうと思ったら、Kさんがはじめは私は✊を出すのでみなさんは✋を出して下さいね、と言った。

それで最後の2人に残った時も、よし最後だから✊にしようと思って出したらKさんも✊で、もう1人の方が✋だったので私は負けてしまった。

もしかして✊の印象はKさんのモノだったのかしら?と思った。

だと分かっていたら✋を出したのにな〜

よく考えろ、というのはこういう事なのだろうか?


セミナー内で印象に残った話で、

シンクロなどを受け取った時に、よく考えることだと。

そのシンクロからいったいどんなメッセージを訴えかけられているのかを。


あと食べ物のこと。

肉を食べているからといってメッセージを受け取れない訳ではない、と言うこと。

私もマクロビを食べ続けたからと言ってメッセージを受け取れるようになると言う訳ではないだろうなと思っていたので。


ただ私の場所は大切な導きとかある時は風邪みたいな症状になって軽いものしか食べたくなくなるし、コーヒーとかも飲みたくなくなる。

体が敏感な状態の方が私はわかりやすいみたいだ。

でもスピリチァルに興味なくて肉ばかり食べてる人でも自分では気付いてなくてもちゃんとインスピレーションを受けて行動している人もいる。

きっと人それぞれに合ったやり方があるのだと思う。