星とシンクロニシティの旅☆

スピリチァルの体験や旅のこと双子の魂と言われるものについてのエッセイ

キリストの旅

ちょっと前に久々に瞑想をしたら、キリスト、湖、十和田湖という言葉が脳裏に浮かんだので調べたら、震災の年に十和田湖にキリストに見える石が現れたという記事を見つけた。

それはキリストの墓があるとされる新郷村の近くにあるらしい。
キリストの墓には以前から1度行きたいと思っていたのでとうとう行く事にした。

はじめ誰か友人とかを誘おうかと思ったが、キリストの墓は5日には閉鎖すると書いてあったので、自分の気持ちが高ぶって?いるうちに!と思いひとりで初八戸へ。
八戸からレンタカーでキリストの墓〜十和田湖へ行く事にした。 

まずキリストの墓へ。
平日だったからか誰もいなくて、とても心細い気持ちになった。
しかし誰もいないのでゆっくり墓の前で話す事ができた。
話すと言ってもただの独り言で墓からキリストの声が聞こえたとかはない(笑)

正直、半信半疑だった。
墓からなにか波動のようなものを感じるとかはなかった。
それで私は墓に向かって、本当にキリストの墓なら奇跡を見せてほしいな、と言ってみた。
まあ、そうそう奇跡など起こらないだろうと思いながら(^^;)

その後 途中にあるピラミッド石にも寄った。
そこも誰もいなくてまたまた心細い気持ちになった。
しかしそこは黄色い落ち葉が沢山落ちていて、なんかわからない小さいベージュの蝶だか蛾が沢山飛んでいて、幻想的な雰囲気であった。
太陽の光も綺麗だったので📸撮ってみた。
この日はよく晴れていて太陽の光も虹色がかっていた。
よく見ると小さな虹のようなものが見える。

そして十和田湖へ🚙
本当にほとんど他の車がないものだから、しかも山道で、どんどん物悲し気分になってきた。
そうしてふと、横を見たらガラスにてんとう虫がへばり付いていた。
裏っ側なので赤いのか黒いのかはよくわからなかったが、なんとなく赤ぽかった。

そう言えばてんとう虫はマリア様の化身と聞いた事があった。
それを思ったら寂しい気分が消えて、やっと十和田湖へ行ける楽しみが湧いてきた。
てんとう虫は意外にもずっとへばり付いたままで、この子も十和田湖へ行きたいのかしら?と思いながら、十和田湖に着いたら車を止めて、てんとう虫の色をみようと思っていた。
しかし、やっと十和田湖に着いた〜と思って横を見たらてんとう虫はいなくなっていた。

そしてRIBというボートに乗って念願のキリストの石を見に。
ボートに乗る前に空に龍を思わせるよな雲が見えた。
ボートに乗っている時も青森から秋田に向かって架かっているかのような大きな龍状の雲があったけど、ボートのスピードが異常に早いので私は手すりにつかまってなくてはならない状態だったので中々シャッターチャンスがなかった。
帰ってから知ったのだが、近くの十和田神社は龍を祀っているそうだ。しかも祭神が日本武尊て…残念、ちょっと行ってみたかった。

この日はとても良く晴れていて、秋物のジャケットだけで十分だったが、ボートに乗ると風がのも凄いものだから寒い。
なので手袋をはめて、ポンチョも借りて、その上に救命胴衣を着ているから、中々ポンチョの下のポシェットから携帯を取り出すのは面倒であった。

ボートはまず秋田側へ向かった。
もっと陽が射し込んでいたらもっとも湖が青く見える場所という所に止まっている時にふと上を見上げたら、なんと虹が出ていた🌈
船頭さんも虹が見えるなんて珍しいね、と言っていると、他の乗客の人も、雨上がりでもないのにねぇと話していた。
晴れているのに虹と言うとシャスタの時と同じだと思った。
キリスト様が見せてくれたのかもしれない。
あと、すぐ近くの占い場の裏側?という場所にいる間もずっと虹がかかっていた。
そこは十和田神社でもらったおみくじを水に浸す場所らしい。
龍神さまが挨拶してくれたのかな?

しかもなにが珍しいかと言うと、太陽の周りに出来た日輪じゃなくて、その逆向きに虹が出来ていたから。
これで言うとタンジェントアークかな?
少し離れた時に太陽とこの様になっている虹が見えたのだが、とにかく中々うまくシャッターチャンスを得られない(笑)

それから青森側に着きとうとうキリストの石が。
角度や苔の生え具合で確かにキリストぽく見えた。
マリア様に見えると言う人もいるらしい。
先ほどのてんとう虫の事を思い出すとマリア様かな?とも思うけど、私にはキリストに見えた。

その後で山葡萄がなっている所でボートが止まった。
普通の葡萄より酸味が強く栄養価が高いらしく、ワインやジャムにむいていると説明していた。

ワインと聞いてガリラヤ湖の奇跡の中のカナの婚礼を思い出した。
水をワインに変える。
私は瞑想の時、はじめに湖というメッセージが浮かんでガリラヤ湖の事かな?と思ったのだ。(ガリラヤと打つと🍷が出る、凄い〜)
ジャムと言えば瞑想した日にたまたま目に付いた賞味期限切れの瓶の蓋に
(本当にキリストがこの日に生まれたかは定かではないですが、メッセージはその人にわかりやすい形で送られてくるのだと思う)

キリストの墓とこの石と西側の礼拝堂は一直線上にあるらしい。
そう言えば虹が見えたのはキリスト石のほぼ対面であった。
虹は西側を離れたらすぐに消えてしまった。

そう言えば八戸駅に着いた時にまず人魚の像を発見した。
この町で人魚のミイラが沢山?見つかったとか。双頭の人魚とか。最近双頭の絵たどよく見かける。

人魚というと魚座を私は連想してしまう。
魚座と言えばまたキリストを連想する。(牡羊座の時代に生まれた説もあるけど)

太古の血脈(小説)と元伊勢籠神社

(以前書いた続きです)

ずっと前に買ったけどずっと読まないで実家の本棚に置いてありましたが、この間ふと、読んでみよかなと思い立ち、読んだら、今の私にぴったり興味のある内容でした。


作者は藤木凛さんではじめ彼女の作品はバチカン奇跡調査官を読んでいましたが、次の巻が出るのが待ち遠しくて、他の彼女の作品を読んでみようと思いなんとなく題名に惹かれて買ったのですが、その直後に読書自体に興味がなくなってしまい、そのままだったのです。


しかし今の方がこの本を読むのに知識的が追いついていて、ぴったりです。

昔の自分ではちょっとちんぷんかんぷんの内容だったと思います。

今迄起きた日本神や神社に関するシンクロはこの本を読んで理解するために起きたんじゃないの⁈と思ってしまいます。


よく断捨離などはもう要らなくなったものは捨てた方が良いと言われているけど、自分の場合はずっと後になって必要になる時というものがあるので、たまに捨てたのが失敗だった!となる時がよくあるのです。


本の中で三種の神器の事が書かれていて、

三種の神器の鏡は神瓶(かんがみ)を間違えて音表記したもので、マナの壺の事だと書いてあります。

瓶を検索すると

と書いてあります。
かんがみ、と検索をした時に神亀と言う名前のお酒がはじめにヒットしました。
カメと言うと元伊勢籠神社の中の亀に乗っている宿禰命(やまとすくねのみこと)を思い出します。

それとお酒と言うと、丹波元伊勢籠神社は日本酒のルーツなのだそうです。
モーセがマナの壺から食べ物を取り出す話を聞いていると、キリストが水瓶の水をワインに変えた話を思い出してしまいます。


以前 三種の神器を調べている時には、マナの壺は勾玉の事だと書いてあって、ずっとなんで?と思っていたのですが、神瓶を読み間違えた、と言う説のほうがなんかしっくりきます私的に。


それと本の中で石板 は勾玉の事だとあります。

勾玉の玉とは海神より授かった潮満玉(しおみつたま)と潮涸玉(しおひのたま)の事だと。

満玉てなに?と思って調べたら、

彦火火出見尊が海神より授かった潮満瓊(しおみつたま)と潮涸瓊(しおひのたま)を両島に納めたという伝説があると。

彦火火出見尊とは山幸彦の事で、やっぱり元伊勢籠神社の浦島太郎にそっくりな伝説を思い出させます。

元伊勢籠神社へ行った時に📸宿禰命(やまとすくねのみこと)の像。
持ってます、金の玉。


金の玉と言うと出雲大社大国主の像を思い出します。

この時からずっと金の玉の事が気になっていました。
そもそも勾玉てなんなのだろうと。
2つの勾玉と言うとやはり
このマークを思い出してしまいます。
勾玉は胎児を模したものだという説もあります。
男女が合わさるとできるものと言えば子供です。
西洋的考えでいくと、剣は男を表していて、杯(マナの壺)は女を表しているとしたら、勾玉は子供?とも考えられます。

しかし元の石板と勾玉て対になるものて所しか合ってないじゃん、と思ったけど勾玉て石でできているんですよね。
日本の三種の神器旧約聖書三種の神器の伝説が渡って来たものだと思えば、日本的解釈するとこうなるのかな?とも思えます。
日本の狛犬だって元はライオンの事ですし。

それと潮満玉(しおみつたま)と潮涸玉(しおひのたま)は潮の満ち引きを操るモノらしい。 
とするとモーセの海を割った話を思い出します。
持っているのはアロンの杖でしょか?


ところで2つの宝玉の事を調べていたら色々興味深い事が書いてありました。
そもそも宝玉てなに?と思ったら龍の持っている玉の事を思い出しました。
たしか山幸彦も海神から玉を貰ったのでした。
龍も水神といわれますし。

龍の持っている玉は
如意宝珠(にょいほうじゅ、चिन्तामणि サンスクリット語で(チンターマニ)と 
(私はこれを見たときすぐに違う2つの大切な玉を思い出してしまいました笑)。

元伊勢籠神社の近くの真名井神社(マナの壺)の狛犬は龍で2つの宝玉を持っているんですね。

最後にこの本の中でキリストは復活します。
この本の中の特殊な人種とはサンジェルマンのような人たちの事かな?

猿の惑星

を観てきた。

やはりああいう映画は映画館で観る方が迫力があっていい🙌

昔の猿の惑星の前の地球の事を今やっているわけだが、なんとなく疑問が❓

人間が開発した薬により猿に人並みの知能がつき、それに人間が脅威を感じて戦争をするわけだが、
昔の1番はじめの猿の惑星に着いた人間はそこが実は未来の地球だと知らないわけで、
ということは、猿に薬を投与される前の時代の人間が知らないうちにタイムトラベルしていたという事か。

私は勝手に、昔の映画の方の人間は未来にタイムトラベルするロケットで未来に着いたと勘違いしていた😅

ところで今回出てくる新しいコミカルな猿のキャラクターがどうにも岡村さんに見えてしまいます🙊


猿といえば昔から西遊記が好きなんですが(ちゃんとしたオリジナルの西遊記は読んだ事はないけど)
孫悟空をジャッキーチェンがやったらええのに〜と思っていたら、超ニヤミスな作品がある。
ドラゴン・キングダムていいます。

小学校の頃、ジャッキーチェンになりたいと思っていたのですが(笑)大人になってジャッキー作品を観なくなったある日、この映画がやると知って久々にジャッキーのカンフーを観たら、やっぱいいわ〜と。
ジャッキーが孫悟空じゃないけど、ジェットリーの悟空も良かったし、ジェットリーとジャッキーのカンフー対決も興奮しました💨
ジェットリーが三蔵でジャッキーが孫悟空ならもっと良かったのになぁ

マチャアキ孫悟空も大好きだったけど❤️
夏目雅子さんの三蔵法師も綺麗で好きだったけど、それ以降三蔵役イコール女の人てのはなんか嫌でした。
本当の三蔵法師は大変な知力と体力と行動力があって長身でハンサムだったらしいのです。

小学の頃に住んでいた隣町に三蔵さんの分骨された塔があったのもなにか親しみを感じます。

三蔵法師というと諏訪緑さんの玄奘西域記という漫画面白いです。

正負の法則

最近、知人がマッサージに行ったらそのマッサージの人は霊感があり占いもやり始めたのだと言う。


そしてマッサージの間ずっとそういう話を聞きもしないのに話しているのだと。

そしてしまいには聞いてもいないのに、知人の守護霊はこう言っていると言い出し、人に親切にしないと病気になるなどと、ちょっと友人を怖がらせるような事を言ったらしい。

はっきり言って聞いてもいないのに、そんなこと言う事が怪しすぎる。
今話題の守護霊インタビューを思い出してしまう😱

それにどんな親切な人でも病気になる人はなるだろうし、明らかに悪い事をしているのに健康体な人もいるものだから、マッサージの人が言う事は一概に言えないだろう。

もしかしたらこの人は霊感があるのかもしれない。
しかしどんな霊とコンタクトを取っているのかわからない。

霊能力があるとか、高いからと言っても、
その人に人徳が備わっているとは限らないと思う。

特に霊能力があると思ってない人でも、
人徳がある人の方が明らかに徳が高いと思う。

☝︎過去記事より

この記事にはちょっと続きがある。
その後しばらくして、知人にあいかわらずそのマッサージの所に通っているの?と聞いたら
今はもう行っていない、と言うかそのマッサージの人が大病になってしまってもうマッサージの仕事をしていないのだと言う。

この話しを聞いた時、
じゃあこのマッサージの人は悪い事でもしたのかしら?この人自身の言った言葉によれば…
だとしたら友人を怖がらせるような事を言ったから?と思った。

私はこの人が言ったように良い事をしないと病気になる、と直結には考えられないけど。
前にも書いたように、良い人でもなる時はなるものだから。

ただ正負の法則と言うものはなんとなく信じている。
美輪明宏さんがよく言っている、ものにはちゃんと道理があって、例えば運良く?ずっと悪い事をしていられても、いつかそのしっぺ返しのようなものが返ってくる時があるのではないだろうかと。
そこ反対もしかり。

火の鳥

コンビニに手塚治虫火の鳥、太陽編というのがあったので読んでみた。


手塚治虫の作品はブラックジャックとかブッダとかまあまあ読んでいたが、なぜかこの火の鳥にはずっと興味がなく手をつけないでいたが、今年が酉年という事もありやっと読んでみたいと思った。
ちなみに手塚治虫作品でなぜか1番好きなのはドンドラキュラです🤗

読み終わって感じたのは、これはアセンションとかツインソウルのような概念だなと思った。
読み終わって表紙を改めて見たら、

永遠に生き続けるもの、それは愛!
愛を誓い合った2人はたとえ敵同士に生まれ変わっても巡り会い、そして愛を確かめあう!

と書いてあった。
アトラスクラウドという映画にも似てるものを感じた。


太陽編以外にどんなものがあるのかな?と思って調べたら、このような解説しているものを見つけた。
この解説を読んで真っ先に思ったのは、これってよくスピリチァルなどで言われるアセンションの段階にてない⁈と。
(しかし自分で全部読んだ訳ではないので本当に上の解説のような内容なのかは定かではありませんが…)

やはり手塚治虫て凄いな〜〜

この太陽編は飛鳥時代の頃の話らしいが、主人公の男ははじめ戦いで負けて顔の皮をはがされ(-。-; 狼の皮をかぶせられて、それからその姿のまま生きるのだが、そのおかげ?なのか霊界のものが見えるようになる。

この時代ではもう人間には霊界を見る事が出来なくなっているようだ。

それでもまだ、見えないけど霊界とは隣接した生活をしている。
その世界観と主人公の半身狼というので、もののけ姫の世界観を思い出した。
こちらのシーンも私的には興味深かった。

☝︎過去記事より

気になる映画


この間たまたま夜中に「クラウド アトラス」と言う映画がやっていて、なんとなく観ていた。(以下、多少のネタバレあり)

過去から近年、未来へとさまざまな時代の物語が複雑に絡み合っていて、その登場人物たちはみんなどこかで繋がっているようです。

そして中でもトムハンクスとハルベリーは、はじめの方は同じ時代にいても、近くにはいなくて互いを知りません。

そして近年の物語の時に、はじめて互いの存在を認識します。
しかしすぐにハルベリーは事故にあって亡くなります。

そして未来で2人は協力関係になります。
ハルはトムの事をはじめから信頼しているようでしたが、トムはハルの事をはじめは疑っているようでした。
そして困難を乗り越えて2人はとうとう結ばれるのです。

ちゃんと観ていなかったので、今度あらためて観てみようと思います。
輪廻転生とか因縁とかを表現している映画のようでした。

時空を越えると言ってもう一つ気になる映画は「きみがぼくを見つけた日」です。
この映画を見たときちょっと「ハウルの動く城」を思い出しました。
☝︎過去記事より

今月を振り返る

今月を振り返ると色々な事があったし、色々したな〜と思うけど、不思議と長く感じた。


よく忙しいとあっと言う間に日が経つのが早いと言うけれど、
私にはどうもそう言う感覚がない。
色々あって、なんか長い月だったなあ〜〜と感じる。

今月はとにかく浄化力がすごかった。
1度色々なものを一旦手放したくなって、アメブロアプリも1度消したのだけど、
そのおかげで今迄書き留めてあったいくつかの記事も全部消えてしまった。
そうなるとは考えなかったのでちょっとびっくり。
しかしなんかすっきりした。

今月手放してまた戻ってきたものもあるし、そのままのものもある。
しかしそのおかげで空き容量ができたようだ。
数年前まで好きだったものがここ数年ずっとやる気にならないという事があったのだが、それが突然 今月になってまたやる気が出てきて、またそれを楽しんでいる。