星とシンクロニシティの旅☆

スピリチァルの体験や旅のこと双子の魂と言われるものについて

薪能

ずっと以前、近所の神社で薪能をやるというので行った事がある。


能は初めてだったので、その前に能についてレクチャーしてくれるというのがあったのでそれから参加してみた。

そのレクチャーではその日にやる演目について色々教えてくれた。

詳しい内容を忘れてしまったのだが^_^;
内容は光源氏の何人もいる愛人?の中の1人についての演目だった。

その説明の中で、この演目をすると必ず雨が降るんです。だから当日どうなるかも楽しみにして観て下さいね。と言われた。

そして当日、確か時期は初夏くらいだっただろうか。
その日はとても爽やかな日で寒くも暑くも雨もなく、野外で能を観るのに最適な日であった。

夕方少し早めに行き神社境界に設置された椅子に座った。
するとさわさわと爽やかな風が吹いてきて、ちょっとゾクゾクした。

その頃はまだスピリチァルの事をよく知らなかったが、風が吹く時というのは何か大いなるものからのメッセージだと思っていた。
なので何かあるかな?と思っていると、ポツリと頬に何か冷たいのもが当たった。

ん?と思っていると周りの人もざわざわし始めて、雨が降っていると確信できるほどポツポツと降り始めた。

おお〜〜あの話は本当だった〜(≧∇≦)

と感心しながらも、これから始まるのに大丈夫だろうか?と思って空を見たら晴れているので、これはすぐに止むなと思っていたら、本当にすぐに止んだ。

確か内容は光源氏にふられた愛人の話だったような気がする。
この雨はその愛人の思いから降るものなのか、それともこの能がその愛人の魂を供養?する為のものでそれを浄化するために降るものなのか。

光源氏の話は実話ではないはずなのに、人々の思いが形になるってこう言う事なんだなと思った。

薪能自体も素晴らしい空間だった。
こんな事があったからだろうか、まさに幽玄な世界観の中に浸っている心地だった。

☝︎過去記事より